2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月26日 (金)

東京足立区役所前カウンセリングルームのカウンセリング

東京足立区役所前カウンセリングルームでは個人カウンセリングと、訪問電話カウンセリングを行っております。

なお現在ボランティア活動で無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
believer-will@true.ocn.ne.jp  

           【個人カウンセリング】

東京足立区役所前カウンセリングルームの、個人カウンセリングについて述べます。当カウンセリングルームでは精神分析療法、ユング派分析心理療法、クライエント中心療法、ハコミ療法、フォーカシング、ブリーフ療法、認知行動療法、論理療法、森田療法、自律訓練法、現実療法を相談者の方の相談内容に応じて統合的に行っております。

それにより、短期間でのカウンセリングを可能にしました。
一回の面接時間は50分間で相談料は5000円です。

また相談が進めば、面接時間は短縮できます。
その場合は、30分間で3000円です。

個人カウンセリングはボランティアによるメールカウンセリングと組み合わせてご利用いただいても、相談料は変わりません。メールカウンセリングと組み合わせてご利用いただくと効果的です。自己解決もスムーズに行われます。

なお当カウンセリングルームでは相談者の方のお困りのことが自己解決されたごとの、相談料の後払いになっております。それぞれが自己解決されたときに、カウンセリングの時間に応じて相談料をお支払い頂きます。
自己解決されなかった場合は、相談料は頂きません。

たとえば夜あまり眠れない人で、いつも鍵を閉めたか心配で確認を繰り返し、不潔感に苦しむ人は、自己解決しやすい順番にカウンセリングを行います。

この場合は①夜あまり眠れない、②いつも鍵を閉めたか心配で確認を繰り返す、③不潔感に苦しむの順番でカウンセリングを行います。

そして①が自己解決されたら、①のカウンセリングの時間に応じた相談料をお支払いください。あとは②、③も同様です。
自己解決されなかった場合は、相談料は頂きません。

日曜、祭日、夜間のカウンセリングも行っています。

詳細は、電話:03-5888-7354(NTTひかり電話)まで、お問い合わせください。

           【訪問電話カウンセリング】

東京足立区役所前カウンセリングルームでは緊急性の高い相談、地方にお住まいの方、引きこもり状態の方に対応するために訪問電話カウンセリングを開設しました。

特に緊急時の危機介入に対して、365日24時間カウンセラーが対応します。

一回の面接時間は50分間で相談料は5000円です。また相談が進めば、面接時間は短縮できます。その場合は、30分間で3000円です。10分間で1000円と、お考えください。なお通話料は負担していただきます。

ただし、初回の相談料は無料です。電話カウンセリングはボランティアによるメールカウンセリングと組み合わせてご利用いただいても、相談料は変わりません。メールカウンセリングと組み合わせてご利用いただくと効果的です。自己解決もスムーズに行われます。

なお当カウンセリングルームでは相談者の方のお困りのことが自己解決されたごとの、相談料の後払いになっております。

たとえば夜あまり眠れない人で、いつも鍵を閉めたか心配で確認を繰り返し、不潔感に苦しむ人は、自己解決しやすい順番にカウンセリングを行います。この場合は①夜あまり眠れない、②いつも鍵を閉めたか心配で確認を繰り返す、③不潔感に苦しむの順番でカウンセリングを行います。そして①が自己解決されたら、①のカウンセリングの時間に応じた相談料をお支払いください。あとは②、③も同様です。
自己解決されなかった場合は、相談料は頂きません。

24時間365日、訪問電話カウンセリングは行っています。

電話番号は、03-5888-7354(NTTひかり電話)です。

東京足立区役所前カウンセリングルーム
東京都足立区中央本町1-12-13  
電話:03-5888-7354(NTTひかり電話)

責任者 中島正志

東京足立区役所前カウンセリングルーム

このブログは東京足立区役所前カウンセリングルームのメインブログです。そして、カウンセリングルームからの最新のお知らせです。

現在ボランティア活動で無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp  

東京足立区役所前カウンセリングルームのカウンセラーは、心理学会の会員でありカウンセラー協会にも所属しています。

その心理学会のサポートの輪を広げたいと思い2007年10月、当カウンセリングルームでコミュニティ【こころの海】を開設しました。

【こころの海】の趣旨は、以下のものです。

神経症、ノイローゼの人の多くは、多くの施設でカウンセリングを受けられています。しかし現実に、自己解決されない人が多いのです。

【こころの海】の管理人は、日本一あきらめの悪いカウンセラーです。いままでに多くの施設でカウンセリングを受けられて、自己解決していない人も参加してください。日本一あきらめの悪いカウンセラーが、お困りのことが解決するまであきらめないでアドバイスします。

それと同時にこころの海は、ノイローゼの選択理論の学びの場です。 選択理論とは、「本当のノイローゼの人はいない。その人がいま不幸なんだ。人は誰でも不幸になると不安、落ち込み、強迫観念、パニックを選択する」というものです。

さらに選択理論は、「逆に、より良い選択のしかたを学習すればノイローゼは克服される。そしてより幸せになる」というものです。 こころの海は、「より良い選択のしかたを学習して、ノイローゼを克服して幸せになる」ための、ボランティア活動です。

神経症、ノイローゼの人や、お知り合いにそのような人がいらっしゃる方はご利用ください。

【こころの海】にご相談をご希望される方は、東京足立区役所前カウンセリングルームのカウンセラー中島にご連絡ください。

東京足立区役所前カウンセリングルームは、短期間に自分自身の力で神経症を解決することを専門にカウンセリングを行う、カウンセリングルームです。

なお当カウンセリングルームでは相談者の方のお困りのことが自己解決されたごとの、相談料の後払いになっております。それぞれが自己解決されたときに、カウンセリングの時間に応じて相談料をお支払い頂きます。
自己解決されなかった場合は、相談料は頂きません。

たとえば夜あまり眠れない人で、いつも鍵を閉めたか心配で確認を繰り返し、不潔感に苦しむ人は、自己解決しやすい順番にカウンセリングを行います。

この場合は①夜あまり眠れない、②いつも鍵を閉めたか心配で確認を繰り返す、③不潔感に苦しむの順番でカウンセリングを行います。

そして①が自己解決されたら、①のカウンセリングの時間に応じた相談料をお支払いください。あとは②③も同様です。
自己解決されなかった場合は、相談料は頂きません。

なお現在、ボランティア活動でインターネットによる神経症、ノイローゼのアドバイスを行っています。ご希望の方はこのブログのブックマークからメールいただくか、東京足立区役所前カウンセリングルームの掲示板、メールボックスをご利用ください。カウンセラーの中島正志が、承ります。誠実にアドバイスします。なおインターネットによるアドバイスは、自己治療法の普及を目的とするものです。従って、無料です。

神経症、ノイローゼの無料相談の掲示板は、ここ(掲示板)をクリックしてください。リンクします。

東京足立区役所前カウンセリングルームのメールボックスは、ここ(メールボックス)をクリックしてください。リンクします。

東京足立区役所前カウンセリングルーム:東京都足立区中央本町1-12-13 

電話:03-5888-7354(NTTひかり電話)

責任者 中島正志

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法  1 神経症、ノイローゼとは何か

お神経症の自己改善法である認知行動療法の説明をします。このブログにより認知行動療法を行っていただければ、自己改善される人もいるかと思います。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

先ず神経症は、広い意味でいう精神障害です。
しかし決して、精神病ではありません。

神経症は、不安を中心とするものです。
次に、神経症の要素について、述べたいと思います。

神経症の要素には強迫観念と、強迫行為があげられます。

強迫観念はこころの中に強く入り込む考え、観念です。
強迫行為は自分の気持ちにそむいて、行ってしまう行為です。

先ず強迫観念について、詳しく述べます。
強迫観念を定義すると、以下のようになります。

「反復的、持続的な観念、思考、イメージである。個人に対して侵入的であり、無意味なものと認識されその結果、強い苦痛や不安を継続させる」
「なお、その観念、思考、イメージは現実に不適切である」

以上が、強迫観念の定義です。

この強迫観念は、その人のエネルギーをとても消耗させます。
脳は、エネルギーをとても使うのです。

その脳が、強迫観念の植民地になってしまった結果、その人はとても疲れてしまいます。
その人は、もう何もできません。

次は、強迫行為について述べます。

強迫行為は、以下のように定義されます。

反復される行為であるか、または反復される観念である。
それは、何かをしなければ気がすまないという事にかりたてられたものです。
本人は、強迫行為により自分自身の気がすまなさを中和できると考える。
しかし、現実には不可能であり、さらに強迫行為は悪化する。

以上がその定義です。

神経症の人は強迫観念と、強迫行為の悪循環に巻き込まれています。

確認強迫の人は確認することに、巻き込まれています。
不潔恐怖の人はきれいにすることに、巻き込まれています。

しかし注意点があります。
ギャンブルやアルコールに、巻き込まれている人は狭い意味でいうで神経症はありません。

なぜならばギャンブルやアルコールは、楽しみの要素もあるからです。
従って、狭い意味でいうで神経症はありません。

神経症とは強迫観念と強迫行為の、悪循環です。

例えば不潔恐怖の人は、不潔という強迫観念にとらわれます。
そしてそのから抜け出そうとして、手を洗うという強迫行為を行います。

しかしその結果、逆に強迫観念と強迫行為の、悪循環に入り込んでしまいます。
これがすべての神経症の、パターンといえます。

モデルにより、さらに説明します。

トップページ | 2016年3月 »