2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 2 神経症、ノイローゼをモデルにより述べます | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 4 神経症、ノイローゼの自己改善について   »

2016年3月 9日 (水)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 3 神経症全般について

神経症全般に関して述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症は、とても多いこころの問題です。

現実に100人の人がいれば、その中の3人以上は神経症になる可能性はあるといわれています。 特に多いケースは、内科の診察を希望する人の中に神経症の人が隠れている場合です。

この人たちは、多くの医療機関を受信します。しかし、その結果は心配することはないのです。 しかしそれでも、自分自身の不安を克服できません。

よって多くの医療機関を、渡り歩きます。 医師によっては、内科の診察を希望する人の中で神経症の人は極めて多いと断言する人もいます。

神経症は、年齢にかかわらず発症します。
小児期・思春期においても、ありふれたものです。

ただし小児期・思春期においては、その表れかたは異なります。
しかしながら、年齢による差はありません。

現在の日本では、軽い神経症を含めれば500万人以上はその傾向はあるといわれています。

現在の日本では、神経症の人は比較的早期にカウンセリングを受けます。
これは一つの理由として現在、カウンセリングの知識が普及したためです。

以前はカウンセリングを受けるまでに、平均10年ほどの期間がかかりました。
しかし現在では、1年ほどです。

また神経症の原因は、何でしょうか?
これに対して、確定的な答はまだありません。

しかし手がかりは、わかっています。それはその人の、神経質な体質もあります。
しかし、それだけですべては説明できません。

また脳内科学物質に原因を、もとめる学者もいます。
しかしまた、それだけですべては説明できません。

また神経症の人の幼児期の体験と、神経症には関係があるという学説もあります。この学説は有力な学説です。しかしながら、これも確定的な答ではありません。

唯一つ断言できるのは神経症の人は、一定の性格傾向の人に多いという事実です。これは事実です。

さらに述べます。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 2 神経症、ノイローゼをモデルにより述べます | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 4 神経症、ノイローゼの自己改善について   »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/64356621

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 3 神経症全般について:

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 2 神経症、ノイローゼをモデルにより述べます | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 4 神経症、ノイローゼの自己改善について   »