2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 5 神経症の症状 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 7 確認強迫による確認行為 »

2016年3月31日 (木)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 6 洗浄に関する神経症

洗浄に関する神経症について、詳細に述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
believer-will@true.ocn.ne.jp

自分が汚染されたことを心配するあまり、常に洗浄し続ける人がいます。
人によっては、一日に八時間ぐらい洗浄し続けるのです。

また汚染されたものをおそれるあまり、家の中のみならず町の中も恐れます。
その結果、外出もできません。家の中にもいられません。
居場所はなくなってしまいます。

次にモデルにより説明します。

ある女子大生は、手を一日に100回も洗います。
また何でも不潔だと考え、何も触れません。

その結果、現在では家から出られません。
次に、他のモデルにより説明します。

ある学校の先生は、自分が結核ではないかと心配でしょうがありません。
もし自分が結核であったならば、生徒に感染させてしまうかもしれないと心配です。

そのために自分の持ち物は、常にアルコールで拭いています。
人のものに触れることもできません。
そのために、自分自身で身動きできなくなってしまったのです。

このように洗浄に関する神経症の人は、常にアルコールで持ち物を拭いていたり、人のものに触れることもできなくなってしまいます。
そのために、自分自身で身動きできなくなってしまいます。

さらに洗浄に関する神経症が深刻になると、手をきれいにするために必要以上に洗い
手が真っ赤になってしまう人もいます。

また極端な人は、手を漂白剤につけてしまいます。
その結果は、手はかさかさになってしまいます。

またさらに、常に汚染されたものに触れたか心配です。
何かに触れたら、手を洗います。

人によっては、触れたと思ったら手を洗います。
このように、自分の考えに拘束されてしまっています。

普通に手を洗うのとは、性格が異なります。
手を洗うことは、不安によって支配されています。

洗浄に関する神経症の人は、常に身体も汚染されることが心配です。
そのために外出すると、帰宅してから必要以上に入浴したり、シャワーを浴びたりします。

また自分の不安ゆえに入浴したり、シャワーを浴びたりしますから、入浴の時間はとても長いのです。人によっては、2時間よりも長いマラソン入浴になります。

次は確認強迫による、確認行為について述べます。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 5 神経症の症状 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 7 確認強迫による確認行為 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/64736218

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 6 洗浄に関する神経症:

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 5 神経症の症状 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 7 確認強迫による確認行為 »