2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 8 確認強迫による確認行為をモデルによる説明 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 10 繰り返し行為 »

2016年4月27日 (水)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 9 複数の強迫観念 

複数の強迫観念について述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症の人は、複数の強迫観念に苦しんでいることが多いのです。

宅配便の運転手の人も、交通事故と同時に電気製品による事故に苦しんでいました。
それは神経症の人は、何か心配なのです。

それがいろいろのものに、向かうためです。
核になるのは心配です。これがいろいろのものに、移るともいえます。

神経症の人はとにかく、何か心配なのです。
核になるのは心配です。これがいろいろのものに、移るのです。

その結果、誰かを傷つけるかもしれないと心配する人は、身のまわりからはさみを遠ざけます。

ただしそれでも、電車のホームで前の人を突き落とすかもしれないというような強迫観念は残りますから、電車に乗ることもできなくなってしまいます。

神経症の人は自分の心配の結果、いろいろな行動を妨げられます。

ある税理士の女性を、モデルに考えてみます。
この女性は、計算のミスを極端に恐れました。

計算ミスをしたら、自分の職業上の信用にかかわると極端に恐れました。
そのために、帳簿の計算をいくら繰り返しても安心できません。

あまりにも、その程度はひどくなってしまいました。
最後には、仕事をやめざるを得なくなりました。出社拒否にまで至ったのです。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 8 確認強迫による確認行為をモデルによる説明 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 10 繰り返し行為 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/65190334

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 9 複数の強迫観念 :

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 8 確認強迫による確認行為をモデルによる説明 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 10 繰り返し行為 »