2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月22日 (月)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 12 迷信のような強迫観念と強迫行為

迷信のような強迫観念と強迫行為について、述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症の人の、迷信のような強迫観念と強迫行為には一つの特徴があります。
それは迷信のような強迫観念と強迫行為によって生活のすべてが、支配されてしまうことです。

結局、身動きできなくなってしまうのです。
そしてそれは、死に対する不安へ向かっていきます。

特にそのために、四という数字を恐れます。
日本では、この数はだれでも嫌がるものです。
しかし、生活すべてまで支配されません。

また「迷信のような強迫観念と強迫行為」を持つ神経症の人は、その迷信のような強迫観念と強迫行為のあいだの結びつきにも、恐れを持ちます。

例えばある人は、新しい服を着て会社へ行ったらミスをしました。
この人は新しい服と、ミスを結びつけました。
その結果、新しい服は着なくなってしまいました。

次に、モデルによりさらに具体的に述べます。
ある家庭の主婦の人は、外出ができません。

それは初めは外出時に、道を歩いていて霊柩車に出合ったらどうしようかという不安から始まりました。霊柩車に出合ったら、自分に対して不幸が起きると考えるのです。
そのために、道を歩いていて霊柩車に出合ったら家へ逃げ帰ります。

初めはその程度のことでしたが、やがて外出もできなくなりました。
このような霊柩車に対する不安は、やがて拡大していきます。

その拡大は同時に、霊柩車から死んだ人へ方向を変えていきます。
この女性は、自分が死んだ人に対して無礼なことを行ったのかもしれないと恐れ始めました。

死んだ自分の親戚や近所の人たちに対して、無礼なことをしたかもしれないと恐れだしました。これも同様に、悪循環に進みました。

やがてこの神経症の女性は、自分が死んだ人に対して無礼なことを行ったのかもしれないと恐れ始めました。

例えば死んだ人のでた家の前を通ると、不吉なことが起きると思い、自分の服を捨ててしまいました。それ以上に困ったことには知人に不幸が起きた日には、不吉なことが起きると思い外出できません。

いままで述べたように「迷信のような強迫観念と強迫行為」を持つ神経症の人は、その迷信のような強迫観念と強迫行為は結びついています。

日本では四という数字は、縁起が悪いと考えられています。
よってある人は歩くときに、四歩目を大急ぎで走るように歩きます。

また時計の針が4時と4分と4秒をさすと、不幸が起きると考えるのです。
その結果、4時4分4秒をさすときにはそのことに圧倒され何もできません。

また、色に対する考えに拘束されている人もいます。

ある人は自分が黒い服を着ると、不幸が起きると考えるのです。
そのために、黒い服は着れません。夕方、薄暗くなると外出できません。

「迷信のような強迫観念と強迫行為」を持つ神経症の人と、本当の迷信家はどのように違うのでしょうか?

それは迷信に対する、思い込みの強さです。
この強弱が、両者では異なります。

「迷信のような強迫観念と強迫行為」を持つ神経症の人は、迷信に拘束されて日常行為すらできなくなってしまっています。

迷信家は、迷信とのあいだに一定の距離を取れます。
神経症の人は、心配とのあいだに距離が取れなくなってしまっているのです。

次は、ため込み強迫の神経症の人について述べます。

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 13 ため込み強迫の神経症

ため込み強迫の神経症について、述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

ため込み強迫の神経症の人は、ため込んでしまう人です。
だれでも自分にとって大切なものは、とっておきます。

しかし、ため込み強迫の神経症の人は何でもとっておきます。
ようするに捨てられない人です。

そのためにいまのような大掃除のときになると、本当に困ります。
部屋の中は、捨てられないものでいっぱいだからです。

次は、モデルにより述べます。

モデルの男性は、レシートをとっておく人です。
即ちどこかで買い物をすると、レシートを出します。

そのレシートをすてられません。
そのレシートを持っていないと、買い物で料金を払ったという証拠がなくなるからです。
そのためにレシートをすてられません。

このようにため込み強迫の神経症の人は、ため込んでしまう人です。
そのために部屋の中は、ため込んだものでいっぱいになっています。

何でもとっておかなければ、気がすまないのです。
人によっては古新聞もとっておきます。
週刊誌もとっておきます。その結果、部屋の中はあふれてしまうのです。

このようにため込み強迫の神経症の人は、ため込んでしまう人です。
それは自分自身が、一つの不安に支配されているからです。

それは「捨てたら、いつか必要になったときに困る」という、強迫観念です。
強迫観念と強迫行為は多くの場合、ペアーです、

しかしペアーではない、強迫観念のみの強迫神経症もあります。
次にそれを述べます。

2016年8月26日 (金)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 14 強迫観念だけの神経症

強迫観念だけの神経症について、述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症において多くの場合、強迫観念と強迫行為はペアーです、

しかし強迫観念のみの、神経症もあります。
今から、それを述べます。

その強迫観念のみの神経症は、不快な考えにおそわれるというものです。
例えば、自分は何か悪いことをするかもしれないというものです。

例えば、ある人は以下のようなことで苦しんでいました。
その人は誰かの家へ用事で出かけるとその家のものが後で、もしかしたらなくなっているかもしれないと考えます。

そしてそのことを全部、自分のせいにされることを恐れました。
もしかしたら、他の人がそうするかもしれません。
それが心配なのです。その結果、人の家にはいけません。

または、そう誤解されるかもしれないと心配です。その結果、お正月であっても家から出られません。

またこの人は、とてもまじめな人です。
このような考えに、苦しむ人はまじめな人が多いのです。
それだけに、その考えを振り払えません。

強迫観念だけの神経症は、不快な考えにおそわれます。
人によっては信号をわたってから、赤信号だったかもしれないと心配します。

またお正月の初詣では、自分の信仰のこころがけのいたらなさを必要以上に心配します。
その結果、自分に災いが起きると考えるのです。
またこのような人は普通以上に、信心深い人に多いのもその特徴です。

結局、強迫観念のみの神経症の人は普通以上のおもいに圧倒されている人とも言えます。そしてこのような神経症の人は、不快な考えにおそわれます。

例えば、家の前に駐車している車のナンバーを憶えなければいけないと思い込んでいます。それは、その車は後で事件を起こすかもしれないと心配するためです。

結局、記憶にも限界がありますから、ノートを持ち歩いています。
そのノートに、メモしておきます。

次はこのような神経症と、心配性の違いについて述べます。

さらに述べます。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »