2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 12 迷信のような強迫観念と強迫行為 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 14 強迫観念だけの神経症 »

2016年8月22日 (月)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 13 ため込み強迫の神経症

ため込み強迫の神経症について、述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

ため込み強迫の神経症の人は、ため込んでしまう人です。
だれでも自分にとって大切なものは、とっておきます。

しかし、ため込み強迫の神経症の人は何でもとっておきます。
ようするに捨てられない人です。

そのために大掃除のときになると、本当に困ります。
部屋の中は、捨てられないものでいっぱいだからです。

次は、モデルにより述べます。

モデルの男性は、レシートをとっておく人です。
即ちどこかで買い物をすると、レシートを出します。

そのレシートをすてられません。
そのレシートを持っていないと、買い物で料金を払ったという証拠がなくなるからです。
そのためにレシートをすてられません。

このようにため込み強迫の神経症の人は、ため込んでしまう人です。
そのために部屋の中は、ため込んだものでいっぱいになっています。

何でもとっておかなければ、気がすまないのです。
人によっては古新聞もとっておきます。
週刊誌もとっておきます。その結果、部屋の中はあふれてしまうのです。

このようにため込み強迫の神経症の人は、ため込んでしまう人です。
それは自分自身が、一つの不安に支配されているからです。

それは「捨てたら、いつか必要になったときに困る」という、強迫観念です。
強迫観念と強迫行為は多くの場合、ペアーです、

しかしペアーではない、強迫観念のみの強迫神経症もあります。
次にそれを述べます。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 12 迷信のような強迫観念と強迫行為 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 14 強迫観念だけの神経症 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 12 迷信のような強迫観念と強迫行為 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 14 強迫観念だけの神経症 »