2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月 5日 (月)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 15 神経症と心配性の違い

神経症と、心配性の違いについて述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症と、心配性の違いをあきらかにすることは大切です。
これから説明する方法は、神経症に適応される方法だからです。特に大切なことは、癖(くせ)と強迫行為の違いです。

たとえば外出時に定期や、運転免許証は誰でも確認します。
神経症の人も、心配性の人は念を押して確認します。

ただし神経症の人は、それにより外出ができなくなるほどの負担になります。
これが神経症と、心配性の違いです。

また誰でも、汚い公衆トイレを使えば不快です。
その後でよく手を洗います。

しかし、神経症の人はそれだけでは気がすみません。
洋服まで着がえます。

そしてばい菌に汚染されたかまで、必要以上に心配します。
神経症の人と、心配性の人はこのように違います。

さらに神経症と、心配性は程度の問題でもあります。

日本では、観光バスには4号車はありません。
これは4は、縁起が悪いと嫌われるからです。

ヨーロッパでは、13を嫌います。
これも同様に、13は縁起が悪いと嫌われるからです。

ただしこのことが、バスの運行を妨げることまではしません。
それが、神経症との違いです。

神経症と、心配性は大きく異なります。

ある神経症の女性は、4のつく日には外出できません。
初めは4日に外出できませんでした。それが14日、24日も外出できなくなりました。

やがて月の4週目も、外出できなくなりました。
そして最後は4月も同様に、外出できなくなりました。
このように神経症の人は、身動きできなくなってしまうのです。

いままで述べてきたように、神経症と心配性は異なります。
神経症の人は、自分自身ではコントロールできないことに拘束されてしまっています。

また逆にそのことから逃れようとして、逆に悪循環に入り込んでしまっています。
これが神経症の人の、特徴です。

次は強迫性人格障害の人と、神経症の人の違いを述べます。

さらに述べます。

2016年9月12日 (月)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 16 強迫性人格障害の人と神経症の人の違い

強迫性人格障害の人と、神経症の人の違いについて述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

強迫性人格障害の人と、神経症の人の違いを述べます。
先ず強迫性人格障害の人に、重心を置いて述べます。

強迫性人格障害の人は、いい意味で時間に正確で几帳面です。
このことは、とても良いことです。

しかしなにごとも、程度問題です。
強迫性人格障害の人は、このことによって生活がスムーズに進みません。

このことは神経症の人も、思い当たるところです。
しかし、神経症の人の几帳面さは人格として固定化されていません。
強迫性人格障害の人と、神経症の人の違いはここにあります。

さらに強迫性人格障害の人は、必要以上の心配のために前へ進めません。
ある学生は、レポートが書けません。

それは、本当に文字の細かい使い方に苦慮して止まってしまうからです。
このように、強迫性人格障害の人は前へは進めません。

次は強迫性人格障害の人の、8種類の特徴を述べます。

その第一番目の特徴を述べます。

強迫性人格障害の人の、第一番目の特徴は「細かいことや規則にこだわる」です。
これは例えば10円と書くときに、10.0円と書かなければいけないと考えることです。

厳密には10.0円です。
強迫性人格障害の人は、このような細かいことに必要以上にこだわります。

強迫性人格障害の人の、第二番目の特徴は「完璧主義」です。

これは例え仕事や勉強の日程をたてるときに、完璧でなければいけないと考えることです。そしてそのことにより、日程をたてることもできなくなってしまいます。
完璧でなければならないことに、拘束されてしまいます。

強迫性人格障害の人の、第三番目の特徴は「のめりこみ」です。
「のめりこみ」とは、自分自身で何かにのめりこんでしまうことです。特に仕事です。仕事に対する必要以上ののめりこみは、強迫性人格障害の特徴です。

第四番目の特徴は「過度の良心」です。

これは道徳的なことや、倫理的なことに対して必要以上に心配する態度です。
この態度は、自分自身に対して自己拘束的に働き身動きできなくしてしまいます。
強迫性人格障害の人は、「過度の良心」に苦しんでいます。

第五番目の特徴は「過度のため込み」です。
この「過度のため込み」とは、ものを捨てられない事です。普通、我々は自分で必要のなくなったものは捨てます。

しかし、強迫性人格障害の人は捨てないで、ため込んでしまいます。
その結果、本当に必要なものも見つからなくなってしまいます。
このような迷路に強迫性人格障害の人は、入り込んでしまいます。

第六番目の特徴は「支配」です。
「支配」とは、自分のために何でも動かそうとすることです。即ち自分の家族や友人に、自分の指示に従うように強制することです。

第七番目の特徴は「しまりや」です。
これはいわゆる、けちです。強迫性人格障害の人は、ものをため込んで出そうとはしないのです。

第八番目の特徴は「かたくな」です。

「かたくな」とは、融通のきかないことです。
そしてそれは、ものごとをきまりっきたやり方に押し込んでしまいます。

次に、強迫性人格障害と神経症の違いの特徴全体を考えたいと思います。

いままでの強迫性人格障害の人の特徴を振り返って、誰でも思い当たることはあります。
そこで強迫性人格障害ということを、さらに厳密に考えてみます。

強迫性人格障害を厳密に当てはめるには、いままでの強迫性人格障害の人の特徴の中の半分以上の四種類以上が当てはまることが必要です。
さらには、生活上の困難を引き起こしていることもその特徴です。

大切なことは神経症の人には必要以上の確認行為や洗浄行為があり、強迫性人格障害にはないのです。このことが大切です。

次に神経症と間違われやすい強迫的過食、薬物乱用について述べます。

さらに述べます。

2016年9月29日 (木)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 17 神経症と間違われやすい強迫的過食、薬物乱用

神経症と間違われやすい強迫的過食、薬物乱用について述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

強迫的過食、薬物乱用は確かに強迫的な行為です。
その人たちは過食や薬物乱用を、やめたくてもやめられません。

しかしながら、神経症とは異なります。
それは過食、薬物乱用は快感をもたらすからです。

その点は、神経症の人とは決定的に異なります。
神経症の人の強迫的な行動は、ただ苦痛なのです。
しかしながら過食、薬物乱用は快感をもたらします。

この点が神経症の人と過食、薬物乱用の人との違いです。
あともう一点、神経症の人と過食、薬物乱用の人には違いがあります。

それは過食、薬物乱用の人、特に薬物乱用の人は「自己破壊的な衝動に支配」されているということです。神経症の人は、「自己破壊的な衝動に支配」されていません。

次は、神経症と関連性のある障害について述べます。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »