2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 18 神経症と関連性のある障害 | トップページ | 神経症、ノイローゼの自己解決法 20 認知行動療法による神経症の解決 »

2016年10月20日 (木)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法

神経症の自己治療法について述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症の自己治療法の全体像について述べます。

現在では、神経症は自己治療できます。
ここ30年程のあいだに、神経症の自己治療法は飛躍的に進歩しました。

それ以前は、神経症の治療法は確立されていました。
だが近年、神経症の自己治療法は著しく進歩しました。

その神経症には、落とし穴があります。
それは神経症の症状は、一時的に治療しなくても良くなることがあることです。

そのために、自己治療を含めて治療が遅れがちになるのです。
このことは、落とし穴です。

神経症の自己治療法は主に、「認知行動療法」により行われます。
「認知行動療法」は、認知と行動に直接アプローチする方法です。

正確には認知にアプローチする方法は、認知療法です。
同様に行動にアプローチする方法は、行動療法です。

この二つを一定のコンビネーションで行うものが、認知行動療法です。
よって認知行動療法にとって、このコンビネーションこそが大切です。

最終的に認知行動療法では、相談者の症状を改善する方法を具体的にアドバイスします。例として、不潔恐怖症の自己治療としての認知行動療法を述べます。

認知に対するアプローチは、不潔に対する間違えた認知の修正です。
行動に対すアプローチは、心身に対するリラックスの修得です。

このような認知と行動の修正により、不潔に対するコントロールを獲得して、神経症を自分で解決する方法が、認知行動療法です。

認知行動療法は認知と行動の修正により、不安に対するコントロールを獲得して、神経症を自分で解決する方法です。

認知行動療法では初めは、小さな目標を設定します。その目標から、ステップを踏んで大きな目標へ進みます。認知行動療法は小さな成功体験をステップにして、大きな成功体験へ進めるカウンセリングです。

次に認知行動療法を、歴史的に述べたいと思います。
1950年代に、恐怖症に対して認知行動療法は行われました。
そのときにこの方法は、とても効果が出ました。

やがて1960年代には、恐怖症以外にも応用されるようになりました。
それはイギリスにおいてです。その方法は、現在でも強迫行為に対する基本的な方法として受け継がれています。

以上の方法は、現在の神経症の自己治療法の二本の柱になっています。
その二本の柱は「エキスポージャー」と「反応妨害」です。

「エキスポージャー」とは、恐れている状況に直面する方法です。
即ち神経症の人は、何か恐れている状況があります。それに直面する方法です。

「反応妨害」とは、主に「エキスポージャー」により直面した状況で、強迫行為を行うことをやめることです。

これが「エキスポージャー」と「反応妨害」の初歩的な説明です。
次に「エキスポージャー」と「反応妨害」について具体的に述べます。

いまインフルエンザウィルスを、心配する人は多いです。
その人たちの中にはインフルエンザウィルスを恐れて、必要以上に部屋を消毒したりします。その結果、必要以上に行動は制限されていますその人たちに対する、「エキスポージャー」と「反応妨害」について具体的に述べます。

「エキスポージャー」としてはインフルエンザウィルスがついていると思い込んでいるものに、接触します。

「反応妨害」はそのあとで、できるだけ手を洗わないようにします。

ただしこれは、歴史的に初期の段階の「エキスポージャー」と「反応妨害」です。
現在では、その方法は改良されています。

次に、異なる例をあげ述べます。

例えば鍵の確認強迫の人に対しての「エキスポージャー」としては、次から次へ違う部屋の鍵をかけてもらいます。

「反応妨害」はそのあとで、確認をしないようにします。これが「エキスポージャー」と「反応妨害」に、なります。

次に神経症に対する、「エキスポージャー」と「反応妨害」の原則を述べます。、「エキスポージャー」と「反応妨害」の原則「は四つあります。

「エキスポージャー」に関しては、二つあります。
「反応妨害」の原則は一つです。「エキスポージャー」と「反応妨害」の、両方に関するものは一つです。

先ず「エキスポージャー」の原則を述べます。「エキスポージャー」の原則は、二つあります。

先ず「神経症のために恐れていること、その状況に直面する」ことです。神経症の人は必要以上に不安を感じるがゆえに、不安になりそうな状況を避けます。
しかしそれを避けないということです。

次の「エキスポージャー」の原則の一つは、「神経症のために恐れていること、状況に直面する」ことです。

神経症の人は必要以上に不安を感じるがゆえに、不安になりそうな状況を避けます。
しかしそれを避けないということです。もう一つの「エキスポージャー」の原則は、このことを前に進めたものです。

それは「神経症のために恐れていること、不安になりそうな状況を避けないだけではなく、自分から直面する」ことです。

これが神経症に対する、「エキスポージャー」の、二つの原則です。
次に反応妨害の原則を述べます。

神経症の人は「エキスポージャー」によって、不安に直面すると緊張状態に陥ります。それを弱めようとして、強迫行為を行います。

「反応妨害」とは、このような強迫行為をしないということです。
強迫行為に対する反応を、妨害するのです。

このような「エキスポージャー」と「反応妨害」が、神経症の自己治療の二つの原則です。この「エキスポージャー」と「反応妨害」は、ペアーです。

先ず「エキスポージャー」によって、神経症の不安に直面します。その結果、不安が発生しますから。その不安を弱めるための行為を、「反応妨害」するのです。

このように「エキスポージャー」と「反応妨害」は、ペアーで行われます。
次は、歴史的に述べたいと思います。

認知行動療法は、広い意味ではフランスのジャネにより始められました。普通、ジャネは神経症の精神分析療法に関係の深い人物と考えられています。
しかし、認知行動療法にも関係の深い学者です。

ジャネの精神分析療法に近い考え方では、「見るだけで治る夢」は大切です。
このことに関しては、フロイド以上に評価されるべき価値はあると思います。

ジャネは自分の相談者を、認知行動療法で治療していました。現実にエキスポージャーを、行っていました。またその名前も、用いていました。

例えば、行うことが困難な相談者には以下のようにしました。
それは相談者の行うべき行動を、できる範囲に分解しました。
そしてステップを踏んで、目的に接近させました。

このようにジャネはエキスポージャーを、行っていました。そうやって相談者をサポートして、神経症の自己解決へ進めました。

いままで述べてきたように、ジャネは神経症に対する認知行動療法を100年ほど前に行っていました。しかし歴史的には、ジャネの認知行動療法はここでストップします。

それはフロイドの精神分析療法が、主流になるからです。
そのフロイドの精神分析療法は神経症の原因を捜し出し、修正するものでした。

ジャネの認知行動から、そちらに重心は移ってしまいました。
そしてそれはイギリスのメイヤーによる、再発見まで続きました。

次は、認知行動療法の中心概念である「慣れ」について述べます。

例えば地下鉄に乗ると、「ガー」と音がします。
最初はその音が気になります。しかし、やがて気にならなくなります。
これが、「慣れ」です。

認知行動療法はこの「慣れ」を、応用した方法ともいえます。
即ち神経症の症状は、不安な状況に「慣れ」ていないから起きると考えます。

地下鉄に乗ることに「慣れ」ていないから、音が気になるのです。
それを克服するには、地下鉄の音に「慣れ」ればよいのです。
認知行動療法、特に行動療法はこの「慣れ」を、応用した方法です。

神経症の人の症状は、不安な状況に「慣れ」ていないから起きると考えます。このことは、神経症の症状のコントロールを獲得するうえでとても大切なことです。

そして認知行動療法はこの神経症の人の症状を「慣れ」により克服するために、エキスポージャーと反応妨害を用います。その方法の有効性は、現実に確認されています。

現実に認知行動療法は、神経症の人の8割に有効です。
ただし2割の人は、その症状に圧倒されて認知行動療法は中止されてしまいます。

その残りの8割の人は、神経症の症状のコントロールを獲得しています。
ただし完全に症状を克服できるほどのコントロールを獲得できるのは、その8割です。
一定以上に症状を克服できる人は、2割です。

すなわち認知行動療法により完全によくなる人は、64%です。
一定以上よくなる人は、16%です。
結論として認知行動療法は、80%の有効性があります。

初期の段階では、入院をしている人だけに認知行動療法は行われました。次に、通院の人に行われました。それにより、通院の人にも効果は確認されています。

現在では、インターネットにより行われ大きな効果をあげています。
このブログも、その一部です。副作用もありません。

その効果は持続します。
10年ほどたった追跡調査でも、効果は持続しています。
また他の症状が、出ることもありません。

ただし一部には、補助セッションの必要な人もいます。
しかし、その人たちも効果は持続しています。

このように認知行動療法の神経症に対する治療効果は持続し、他の症状が出ることもありません。このことは、精神分析学派の人たちにっとては意外な事実です。精神分析学の立場からは、ある特定の症状に対する治療は他の症状を誘発すると考えるからです。

しかし、認知行動療法は現実にそのようなことはありません。
ただし、認知行動療法を実施することが困難な人はいます。

それは二つのグループです。強固な強迫観念の人たちと、抑うつ感のある人たちです。
強固な強迫観念の人たちは、症状のコントロールを獲得することができにくいのです。
それは強固な強迫観念ゆえに、コントロールがおよばないからです。

抑うつ感のある人たちは、症状のコントロールを獲得する気力が出ません。
よって、症状のコントロールを獲得することは難しいのです。

次に、強固な強迫観念について述べます。

強固な強迫観念を持つ神経症の人たちは、認知行動療法による症状のコントロールを獲得することはできにくいのです。

その強固な強迫観念とは強迫観念を、現実にあると強く確信しているものです。
また強固な強迫観念の人たちは、そこから自分自身の強迫行為に対しても強迫行為は必要であると確信しています。この人たちは、認知行動療法による効果はでにくい人たちです。

次は、この逆の認知行動療法による効果の高い強迫観念について述べます。認知行動療法による効果の高い強迫観念の人も、強迫観念とその行為に拘束されています。しかし神経症の強固な強迫観念の人とは、以下のことで異なります。

それは強迫的な不安が弱まったときは、強迫観念を客観的にみることができることです。
客観視できます。

正確には、認知行動療法による効果の高い強迫観念の人は本当は自分自身の強迫観念を信じていない人です。モデルにより、詳細に述べます。

ある神経症の男子大学生は、細菌を恐れていました。
そしてそのために、ものに触れられません。

その触れたものから、細菌に感染すると考えたからです。だが本人もそのようなことで、感染しないことはわかっていました。それでも電車に乗ると、吊り革には触れることはできません。座席にも座れません。

吊り革や座席に、細菌がついているかもしれないと心配だからです。
そんなことはないとわかりながら、わからないのです。

このように神経症の人は、「わかりながら、わからない」ことがその特徴です。
安全であるということが、ぐらぐらしています。確信が持てないのです。

しかしなかには、認知行動療法の適応にならない神経症もあります。
それをモデルにより述べます。

ある大学生は太陽の光が、怖くなりました。
それは、オゾン層の破壊により太陽光線に当たると皮膚癌になる可能性が高まったと知ったからです。

初めは電車は地下鉄しか、利用しませんでした。
最後は、家から出なくなりました。

家の中は閉め切って真っ暗です。
ここまで強い強迫観念は、認知行動療法の適応になりません。

認知行動療法の適応にならない神経症には、重い抑うつ感をともなう神経症もあります。誰しも神経症になれば、生活はスムーズには進みません。

その結果、抑うつ感を持ちます。
しかしながら、一定以上の抑うつ感を持つ人もいます。

その人は、認知行動療法の適応になりにくいのです。
その理由は一定以上の抑うつ感によって、認知行動療法を行うだけのエネルギーがないためです。認知行動療法を、実施するための気力が出ません。

あともう一つ理由があります。
それは一定以上の抑うつ感を持つ神経症の人は、神経症のメカニズムが通常のメカニズムとは異なるためです。

その結果、一定以上の抑うつ感を持つ神経症の人は、認知行動療法の適応になりにくいのです。それをモデルにより述べます。ある女性です。その人の強迫観念は、4という数字です。

テレビに4番目に出てくる人を、恐れます。
同様にラジオも、4番目に出てくる人を恐れます。このような神経症の人でした。

この人は自分の母親の死をきっかけに、このような神経症になりました。
そのときに抑うつ感を持ちました。

初めは家族の名前をすべて、紙に書いておくことから神経症は始まりました。
紙に書かないと、その人が死んでしまうと思ったのです。この女性は、抑うつ感+強迫観念 の人でした。

このような場合は、先ず抑うつ感を治してから認知行動療法を行います。
この女性も、抑うつ感を治してから認知行動療法を行い、強迫観念から解放されました。

認知行動療法に必要な期間を述べます。
神経症に苦しむ人にとって、認知行動療法に必要な期間は気がかりなことです。

誰でも、はやく治したいものです。
ただしそれは二つの要素により、決定します。

一つは認知行動療法をその人がマスターするのに、どれぐらいの期間が必要かということです。水泳でも、すぐ泳げるようになる人もいます。逆に、長い練習期間が必要な人もいます。同様に、認知行動療法もマスターするのには、個人差があります。

もう一つの要素は、その人の神経症の程度です。
神経症の重い人も、軽い人もいます。

やはり、重い神経症のほうが長い期間が必要です。

現実の認知行動療法による自己治療期間の過去のデーターからは、平均して6ヶ月の期間かかることが分かります。ただし最終的には、自己治療に対する決意の強さが決定的な要素になっています。そしてこのことは認知行動療法を自分だけで行う場合も、カウンセラーの指導により行う場合も同じです。

ただしカウンセラーの指導により行うほうが、途中での自己治療の放棄は少ないです。次に、認知行動療法による神経症の解決について述べます。

さらに述べます。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 18 神経症と関連性のある障害 | トップページ | 神経症、ノイローゼの自己解決法 20 認知行動療法による神経症の解決 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/68033645

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法:

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 18 神経症と関連性のある障害 | トップページ | 神経症、ノイローゼの自己解決法 20 認知行動療法による神経症の解決 »