2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 17 神経症と間違われやすい強迫的過食、薬物乱用 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法 »

2016年10月10日 (月)

神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 18 神経症と関連性のある障害

神経症と関連性のある障害について述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

神経症の研究の進歩により、神経症と関連性のある障害もあきらかになってきました。

それは抜毛症です。
抜毛症の人は自分の頭髪を、自分で抜きます。

そして頭はツルツルになってしまいます。
それでもさらに、眉毛まで抜く人もいます。

それは、緊張感を弱めるためです。
そのために、頭髪は薄くなります。

抜毛症の人は、とても多いのです。

それは以前は、多くの人は抜毛症は癖と考えられていたからです。
そのために抜毛症は、治すべきものではありませんでした。

しかし現在では直すべきものであり、直すこともできます。
このことは大切です。

次に抜毛症以外の、神経症と関連性のある障害について述べます
例えば自分が死にかかわるような病気に、かかっていると確信している人もいます。
特に癌にかかっていることを、恐れる人は多いのです。

その人たちは、検査を必要以上に繰り返します。
しかしいつも、安心できません。

この人たちと、神経症の人たちとは微妙に異なります。
それはその人たちは、自分が死にかかわるような病気であると確信していることです。
それに対して神経症の人は、そのような病気かもしれないと心配していることです。
ただしこの二つは、厳密には区別しにくいのです。

神経症と関連性のある障害の人で、美容整形を繰り返す人もいます。

その人たちは、自分の身体に対して違和感を持っています。
例えば自分の指は長すぎるとか、逆に短すぎるというものです。

このような人には、身体醜形障害が当てはめられることがあります。
現実に必要以上の美容整形を繰り返す人には、その可能性はありえます。
ただし、厳密にその判断は困難です。

次に、他の神経症と関連性のある障害について述べます。
それは皮膚をつつくというものです。

皮膚をつついてイボになる人もいます。
またはかさぶたを作る人もいます。

これは抜毛の人に、類似しています。
緊張感を弱めるために行うことは、一致しています。

次から、神経症の自己治療法について述べます。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 17 神経症と間違われやすい強迫的過食、薬物乱用 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/67888649

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 18 神経症と関連性のある障害:

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 17 神経症と間違われやすい強迫的過食、薬物乱用 | トップページ | 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法 »