2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法 | トップページ

2017年4月14日 (金)

神経症、ノイローゼの自己解決法 20 認知行動療法による神経症の解決

認知行動療法による神経症の解決について述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

認知行動療法による神経症の解決は、どのようなものでしょうか。

それは、最も妥当な回答は以下のものです。

「認知行動療法による神経症の解決は、症状の完全な消失はないと言えます。しかし、その症状によって仕事や勉強、家庭生活が妨げられることはありません。」

これが最も、認知行動療法による神経症の解決について妥当なものです。これは、認知行動療法により神経症が完全に解決はしないということです。しかし、神経症の症状によって現実生活は、もはや妨げられないのです。

したがって、認知行動療法により神経症を自分で解決した人は、とてもいきいきしています。さわやかです。

例えば不潔恐怖症の人は普通の人よりも、不潔であることを気にします。
確認行為の人は普通の人よりは、鍵を掛けたか心配です。

しかし、神経症の症状により生活は支配されません。
生活に対して、症状は妨げにならないのです。

また認知行動療法は成人のみを、対象としたものではありません。
認知行動療法は、小児や思春期の人にも有効性は高いです。しかし、多少は成人とは異なる面もあります。

認知行動療法に近い精神分析療法のアンナ・フロイトは、子供の治療に親の参加を重視しています。

このことに関しては、認知行動療法も同じです。
認知行動療法においても、子供の治療に親の参加は大切です。                                 その認知行動療法における子供の神経症の治療の、条件を述べます。

前述のように、認知行動療法では子供の治療に親は参加します。
したがって、親子関係が良好であることが最も大切です。

その良好な親子関係によってこそ、親の建設的な認知行動療法への参加があるのです。
現実に認知行動療法による子供の治療は、親の建設的な認知行動療法への参加に支えられてこそ、成功します。

さらに述べます。

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法 | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/70256480

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症、ノイローゼの自己解決法 20 認知行動療法による神経症の解決:

« 神経症、ノイローゼを自分で改善する方法 19 神経症の自己治療法 | トップページ