« 認知行動療法の本質 22 | トップページ

2017年7月19日 (水)

神経症の認知行動療法の大きな練習計画 23

「神経症の認知行動療法の大きな練習計画」を述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
⇒  believer-will@true.ocn.ne.jp

認知行動療法を実行するには、練習計画が必要です。
それはその人に応じた個人の練習計画と、それを裏付ける大きな練習計画です。

その大きな練習計画は、二本の柱からなります。
それはエキスポージャーと反応妨害です。言い換えると「神経症に直面して、逃げないこと」と言えます。

エキスポージャーは、神経症の症状に直面することです。
反応妨害は、逃げないことです。

この二つの方法により、あなたは神経症を自分で解決できます。
神経症の症状を、自分自身でコントロールできるようになります。

即ちこの方法で、いままでの悪い習慣を良い習慣に修正します。
このように、認知行動療法は再教育の要素を強く持っています。
認知行動療法は治療ではなく、教育といえます。

現実に、認知行動療法の説明に多くの時間を割くことも多いです。
それにより、相談者の人が納得して認知行動療法を実施するのです。

先ず知識と、動機づけを与えます。
次に認知行動療法の成功のコツを述べます。

これは単純です。先ず、強迫行為は自分で克服できます。
「強迫行為に直面して逃げない」これだけのことで、良いのです。

そのために、あなたは「強迫行為に直面して逃げない」と決意してください。
しかし、それだけでは実行できない人も多いです。

その人のためには、そのための補助が必要です。
その補助は、あなたを本当に理解してくれる協力者です。たとえばガスの栓を必要以上に確認する人は、協力者がいるだけでかなり気持ちはおちついてきます。その結果、確認行為も減ります。

ただし、協力者とのあいだに取り決めは必要です。その取り決めは、五つあります。

先ず第一に、自己治療の目標に素直に話し合うことです。
協力者はそれを知らなくては、協力できません。

たとえばガスの栓を、必要以上に確認する人はそれを話し合ってください。
そこから、強迫行為に対する反応妨害はスタートします。

第二の取り決めは、「部分的な成功を大切にする」ということです。
このことも、とても大切です。これは、部分的な小さな成功を教えてあげることです。
教えなければ気付かないことを、指摘することです。そして励ますことです。

これは、部分的な小さな成功を教えてあげることです。
ある縁起恐怖症の女性は、家族の指摘により「縁起は悪いことはない」という事実を受け入れました。

第三の取り決めは、「疑問はあきらかにする」です。
それは、自分の疑問点は協力者に教えてもらうことです。

たとえば不潔恐怖症の人は、掃除をどの程度したらよいか分からなくなってしまいます。
その場合は、協力者に教えてもらうことです。

鍵の確認に対する、強迫行為ではその程度が分からなくなります。
即ち、何回確認すれば普通かが分からなくなります。協力者は、それを教えてください。

第四の取り決めは協力者に「安心させてもらわないこと」です。
たとえばガスの栓を確認しなければいられない確認恐怖の人でも、協力者に確認してもらうことはNOです。

また、ガスの栓の安全性を問うことも同様にNOです。
これは大切です。それを、最初に取り決めてください。
ガスの栓を確認してもらいたくなったら、それを思い出してください。

第五の取り決めは「協力者とはあらそわない」です。
協力者は、強迫行為をストップさせたりします。あなたにとってそれは、不満があるかもしれません。

しかし、それは強迫行為をストップさせるためには必要です。
したがって、「協力者とはあらそわない」でください。

協力者は、収集強迫の人のものを捨てます。
しかしそれは、収集強迫の解決には必要です。
したがって、「協力者とはあらそわない」でください。

同様に協力者は縁起恐怖症の人の、強迫行為もストップします。
それが協力者の役割です。

協力者の行う役割は、スムーズに行われる必要があります。
よって、「協力者とはあらそわない」でください。

次の第六の取り決めは、「不安への対処」です。

エキスポージャーと反応妨害を実行すると、不安感は強まります。
それは自己治療が、前へ進んでいる証です。

しかしこの強い不安感には、協力者との間に取り決めは必要です。
それが、「不安への対処」です。

先ず最初に述べるべきことは、エキスポージャーと反応妨害によって生じた不安感はそれほど強くありません。このことは大切です。

次に、大切なことはその不安感は自分自身がこれから状況に適応すれば、気にならなくなるということです。それまでの我慢です。

なおその不安に対しては、リラックス法を行えばよいのです。そうすれば、不安は減少します。そのリラックス法のマスターも、認知行動療法の大きな練習計画には含まれます。

認知行動療法の練習中の強い不安感に、自分自身でも対応できなくても安心してください。練習を続ければ、自然に解決します。

次にモデルによりさらに述べます。

さらに述べます。

« 認知行動療法の本質 22 | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2289750/71181971

この記事へのトラックバック一覧です: 神経症の認知行動療法の大きな練習計画 23:

« 認知行動療法の本質 22 | トップページ